お知らせ

お知らせ

天空ウォーキングで見る花々

2017年10月20日

全回、前々回のブログで 天空ウォーキングの見どころをお伝えしましたが...

今回は天空ウォーキングで 秋に見ることのできる花々をご紹介します

1時間30分の天空ウォーキングの間 ほぼ草花や木・実などを愛でながらウォーキングを楽しむことができます

 

一部をご紹介します

tenku21.jpg アキグミ

小さなお子様は実をとって食べたりと 楽しむそうです

 

 

tenku17.jpg ハマビワ

tenku16.jpg オキノアブラギク

隠岐が離島になった約1万年の間に少しだけ進化したキク科の花

隠岐と山口県の見島に分布しているそうです

 

tenku18.jpg ハマゴウ

広範囲に群生していて 夏に実をつけ 辺り一面とても良い香りに包まれます

秋も香りを楽しめます

 

tenku19.jpg センニンソウ

仙人の髭のような姿からこの名前がついたそうです

 

tenku8.jpg 岩肌をよくみると岩間に花が咲いています

tenku9.jpg ダルマギク

大陸の花ですが こうして離島に咲いていることから昔は隠岐も大陸とつながっていたと考えられています

花期が短く 花が終わる頃 北西の風が強くなり 隠岐では冬支度がはじまります

 

tenku20.jpg トウテイラン と ダルマギクが咲き乱れています

今年はトウテイランが長い期間咲いているそうです

 

このほか ヤマハッカ ツルガネニンジン カワラナデシコ オオユガギク など たくさんの草花、木や実を楽しむことができました

ガイドの三角さん ありがとうございました!

 

天空ウォーキング後編   次のブログ